阿吽・阿呍(読み)あうん

大辞林 第三版の解説

あうん【阿吽・阿呍】

a-hūm の音訳。「阿」は悉曇しつたん字母の最初の音で開口音、「吽」は最後の音で閉口音〕
密教で、宇宙の初めと究極。万物の根元と、宇宙が最終的に具現する智徳。悟りを求める菩提心と、到達する涅槃ねはん
寺院の山門の左右にある仁王や狛犬こまいぬの相。一方は口を開き、一方は口を閉じる。
吐く息と吸う息。呼吸。阿吽の呼吸。
対立する二つのもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android