阿波(徳島県)(読み)あわ

日本大百科全書(ニッポニカ)「阿波(徳島県)」の解説

阿波(徳島県)
あわ

徳島県北部、阿波郡にあった旧町名(阿波町(ちょう))。現在は阿波市の西部を占める地域。吉野川左岸に位置する。旧阿波町は、1955年(昭和30)林町、久勝(ひさかつ)町、伊沢(いさわ)村が合併して成立。2005年(平成17)吉野、土成(どなり)、市場(いちば)の3町と合併、市制施行して阿波市となった。市街地は林地区で、『和名抄(わみょうしょう)』の拝師(はやし)にあたる。吉野川の支流曽江谷(そえだに)川の扇状地の東半部を占める。稲作のほかスイカ、エンドウの栽培、畜産などが行われる。1993年には西長峰工業団地が完成した。砂礫(されき)層の侵食による奇勝「阿波の土柱」(国指定天然記念物)には夜間照明が設備され、土柱自然休養村温泉がある。

[高木秀樹]

『『阿波町史』(1979・阿波町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android