コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波[町](読み)あわ

百科事典マイペディアの解説

阿波[町]【あわ】

徳島県北部,阿波郡の旧町。北半は山地,南半は吉野川流域の扇状地で耕地が開ける。野菜,米,麦,果樹を産し養蚕も行う。主集落は川舟の河港であった旧林町で,吉野川対岸の山川町と橋で結ばれる。土柱(天然記念物)がある。2005年4月板野郡吉野町,土成町,阿波郡市場町と合併し市制,阿波市となる。48.58km2。1万4044人(2003)。
→関連項目谷田忠兵衛

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あわ【阿波[町]】

徳島県北部,阿波郡の町。人口1万3809(1995)。吉野川北岸にあり,讃岐山脈南斜面と南麓の複合扇状地からなる。明治末期まではアイ栽培が盛んであったが,アイの衰退とともに養蚕中心となり,1956年の阿波用水の完成後は水田化が進み,米作が農業の中心となった。近年はイチゴの栽培や畜産が行われる。工業も盛んで,ゴム製品,敷物,電気製品などの工場がある。曾江谷扇状地には天然記念物の〈阿波の土柱〉(土柱)があり,周辺は自然休養村に指定され,土柱休養村温泉(硫黄泉,42℃)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android