コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿賀(町) あが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿賀(町)
あが

新潟県北東部、東蒲原(ひがしかんばら)郡にある町。2005年(平成17)東蒲原郡津川(つがわ)町、鹿瀬(かのせ)町、上川(かみかわ)村、三川(みかわ)村が合併して成立。新発田(しばた)市の南東にあたる。北は大日(だいにち)岳(2128メートル)、烏帽子(えぼし)岳(1573メートル)などを含む飯豊(いいで)山地、北西は1000メートル級の山が連なる急峻な山岳地帯に囲まれた豪雪地帯。中心部は比較的平坦で、町の中央を阿賀野(あがの)川が西流、支流の常浪(とこなみ)川が北流する。JR磐越西線(ばんえつさいせん)が阿賀野川に沿って走り、国道49号、459号が通じる。また、磐越自動車道の津川、阿賀野川、上川の各インターチェンジがある。江戸時代は会津藩領。阿賀野川と常浪川が合流する津川は阿賀野川水運の川湊、新発田(会津)街道の宿駅として賑わい、会津藩の西の玄関口であった。1928年(昭和3)に鹿瀬発電所、翌年豊実(とよみ)発電所が建設され、昭和肥料鹿瀬工場(のち昭和電工、鹿瀬電工、新潟昭和)が操業を開始。1940年の新潟水俣病発生の確認以降、工場町は衰退に向かった。木材やシイタケ、ナメコ、山菜などが特産。後継者不足などで農業人口は減少しているが、農家が自ら生産する米を原料に濁酒(どぶろく)醸造を体験する(2006年「阿賀町活性化どぶろく特区」に認定)滞在型グリーンツーリズムなどに取り組み、農業と観光事業を関連づけた地域の活性を図っている。平等寺(三川地区)薬師堂、護徳寺観音堂(鹿瀬地区)、五十嵐家住宅(鹿瀬地区)は、国の重要文化財に、室谷(むろや)洞窟(上川地区)、小瀬ヶ沢(こせがさわ)洞窟(上川地区)はともに縄文時代の遺跡で国指定史跡に、極楽寺(上川地区)の野中ザクラ、平等寺境内の将軍杉は国の天然記念物に指定されている。かのせ、津川、御神楽(みかぐら)、三川などの温泉に恵まれ、阿賀野川の景勝地、登山、スキーなどに観光客が訪れる。面積952.88平方キロメートル、人口1万3303(2010)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

阿賀(町)の関連キーワード新潟県東蒲原郡阿賀町日出谷甲新潟県東蒲原郡阿賀町日野川乙新潟県東蒲原郡阿賀町日野川丙新潟県東蒲原郡阿賀町日野川甲新潟県東蒲原郡阿賀町八ツ田新潟県東蒲原郡阿賀町神谷甲新潟県東蒲原郡阿賀町向鹿瀬新潟県東蒲原郡阿賀町神谷乙新潟県東蒲原郡阿賀町八木山新潟県東蒲原郡阿賀町三方乙新潟県東蒲原郡阿賀町広谷乙新潟県東蒲原郡阿賀町広谷甲新潟県東蒲原郡阿賀町三方甲新潟県東蒲原郡阿賀町七名甲新潟県東蒲原郡阿賀町広谷丙新潟県東蒲原郡阿賀町神谷丙新潟県東蒲原郡阿賀町七名乙新潟県東蒲原郡阿賀町豊実乙新潟県東蒲原郡阿賀町両郷甲新潟県東蒲原郡阿賀町両郷乙

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android