陝西[省](読み)せんせい

百科事典マイペディア「陝西[省]」の解説

陝西[省]【せんせい】

中国中央部の省。簡称は陝。省都は西安。南部に大巴(だいは)・秦嶺山脈が並行して東西に走り,その間に漢中盆地,安康平原が開ける。秦嶺山脈北側に渭水(いすい)平原があり,北に黄土層からなる陝北高原が連なる。気候は南部は多雨温和,北へいくほど寒冷少雨となる。渭水平原は中国最古の文明地帯をなし,漢中盆地は古くから華北と長江流域との連絡路として重要であった。交通は隴海(ろうかい)(連雲港〜蘭州)・宝成(宝鶏〜成都)鉄路および西安と漢中を中心とする自動車道路,漢水を主とする水運によって行われるが,不便な地域が多い。米,小麦,アワ綿花蚕糸などのほか桐油,生漆,薬材を産し,牧畜も盛ん。石油,石炭,鉄などの埋蔵量が豊富。近代工業は日中戦争以後発展し,紡績,機械,化学,冶金製粉,製革などが行われ,手工業では製紙絹織物陶磁器など。20万5600km2。3926万人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「陝西[省]」の解説

せんせい【陝西[省] Shǎn xī shěng】

中国の黄河中流域に位置する行政区画。戦国時代にはの領域だったので別名を秦という。面積20万5603km2,人口3543万(1996)。省都は西安市にあり,3地区,7地級市,6県級市,84県を管轄する。
[自然]
 地形は南から北に向かって,次の山地,平原,高原に3分される。(1)秦巴(しんは)山地 陝南山地ともいい,秦嶺山脈,大巴(だいは)山脈とこの両山脈の中間にはさまれた漢水の渓谷地帯を含む。秦嶺山脈は標高2000mを超え,黄河と長江(揚子江)との分水嶺で,中国を南北に分ける地理上の重要な境界をなしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android