(読み)クマ

デジタル大辞泉「隈」の解説

くま【×隈/曲/×阿】

曲がって入り込んだ所。また、奥まった所。もののすみ。片隅。「川の—」
「光到らぬ—もなし」〈樗牛滝口入道
になっている暗がり。陰になった所。
停車場ステーシヨン前の夜の—に、四五台朦朧と寂しく並んだ車」〈鏡花歌行灯
(「暈」とも書く)色の濃い部分と淡い部分、あるいは、光と陰とが接する部分。また、色の濃い部分。「目の下に—ができる」
「夕暮れの空の濃い—をいろどっている天王寺のあたりを」〈田村俊子・木乃伊の口紅〉
隠していること。心に秘めた考え。秘密。
「人の心の—は映すべき鏡なければ」〈樗牛滝口入道
隈取り」の略。
十分でない部分。欠点。
「その事ぞとおぼゆる—なく」〈・浮舟〉
へんぴな所。片田舎。
「山里めいたる—などに」〈・橋姫〉

わい【隈】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ワイ(漢) []すみ くま
〈ワイ〉奥まった所。すみ。「界隈
〈すみ(ずみ)〉「隈隈/四隈」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「隈」の解説


くま

暈とも書く。東洋画技法色彩濃淡によって画面に凹凸感,立体感を与えたり,装飾的効果をあげる手法。陰になる部分を次第に濃くぼかしていくのが普通であるが,逆に突き出た部分や光の当る部分に白色や明るい色を加える場合もあり,これを照隈 (てりぐま) あるいは反隈 (かえりぐま) と呼ぶ。また隈を墨のみでとるか色彩でとるかによって墨隈,色隈の呼称があり,輪郭内側をぼかすか,背景を濃くするかで内隈,外隈の別がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「隈」の解説


くま

大分県日田市(ひたし)の中心地区。旧隈町。三隈(みくま)川右岸に位置する。1594年(文禄3)以降日隈城(ひのくまじょう)の城下町として栄えた。江戸時代の農学者大蔵永常(おおくらながつね)の生地。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android