コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 くま

4件 の用語解説(隈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


くま

暈とも書く。東洋画の技法。墨や色彩の濃淡によって画面に凹凸感,立体感を与えたり,装飾的効果をあげる手法。陰になる部分を次第に濃くぼかしていくのが普通であるが,逆に突き出た部分や光の当る部分に白色や明るい色を加える場合もあり,これを照隈 (てりぐま) あるいは反隈 (かえりぐま) と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くま【×隈/曲/×阿】

曲がって入り込んだ所。また、奥まった所。もののすみ。片隅。「川の―」
「光到らぬ―もなし」〈樗牛滝口入道
物陰になっている暗がり。陰になった所。
「停車場(ステーシヨン)前の夜の―に、四五台朦朧と寂しく並んだ車」〈鏡花歌行灯
(「暈」とも書く)色の濃い部分と淡い部分、あるいは、光と陰とが接する部分。また、色の濃い部分。「目の下に―ができる」
「夕暮れの空の濃い―をいろどっている天王寺のあたりを」〈田村俊子木乃伊の口紅
隠していること。心に秘めた考え。秘密。
「人の心の―は映すべき鏡なければ」〈樗牛滝口入道
隈取り」の略。
十分でない部分。欠点。
「その事ぞとおぼゆる―なく」〈・浮舟〉
へんぴな所。片田舎。
「山里めいたる―などに」〈・橋姫〉

わい【隈】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ワイ(漢) [訓]すみ くま
〈ワイ〉奥まった所。すみ。「界隈
〈すみ(ずみ)〉「隈隈/四隈」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


くま

大分県日田(ひた)市の中心地区。旧隈町。三隈(みくま)川右岸に位置する。1594年(文禄3)以降日隈(ひのくま)城の城下町として栄えた。江戸時代の農学者大蔵永常(おおくらながつね)の生地。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隈の関連キーワード奥深い転がり込むのめずり込む紛れ込む入海鉤の手隈所浜曲曲った曲り

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隈の関連情報