地押(読み)じおし

百科事典マイペディアの解説

地押【じおし】

江戸時代,地詰(じづめ)ともよばれた略式検地田畑品等石盛(こくもり)は従前のままとし,反別(たんべつ)を測量しなおすことで,検地帳の記載を修正する。その結果は地押帳・地詰帳として記録される。田畑を所持する百姓の移動が多かったり,地目の変動が激しかったり,また境相論(そうろん)となって実検が必要になったりなど村方から要請されて竿入れが行われる場合,あるいは領主側が隠田(おんでん)を摘発するために実施する場合などがある。ただし本来の検地をも地押という例もあり,わずかの耕地の場合は廻り検地をもって代えた。1885年大蔵省により大規模の地押調査が実施され,地租改正事業を完了させた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じおし【地押】

江戸時代検地の一種で,地詰(じづめ)ともいった。丈量の方法は検地と同じであるが,田畑・屋敷地の品位・斗代(とだい)は従前のままとし,単に縄・竿を入れて実際の面積を測り従前の検地帳記載面積とのくいちがいを修正する略式の検地をいう。その結果を記した帳簿を地押帳または地詰帳といい,記載様式は検地帳と同様である。地押は隠田(おんでん)の告訴があった場合,事故があって村方から願い出があった場合,あるいは論争となった土地を実検する必要が生じた場合などに行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地押
じおし

田畑屋敷を測量して従来の段別を修正すること。地詰(じづめ)、地撫(じなぜ)、地坪(じならし)ともいう。方法は検地と同じであるが、ただ田畑屋敷の等級・分米(ぶんまい)などは従来のままとし、単に竿入(さおいれ)して面積を丈量し従来の段別を改めるのみで、その結果をまとめたものが地押帳である。地押は江戸時代に隠田(おんでん)の疑いがある場合、川成(かわなり)(洪水による荒地化)などで地所が紛乱した場合などに広く行われた。明治政府も地租改正の際に地押を行い、さらに1885年(明治18)から4年にわたって大規模な地押調査を行っている。[宮川 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の地押の言及

【検地】より

…各藩で大名が領内を独自に検地するのを内検といったが,その場合でも問題があれば勘定奉行に伺をたてた。正規の検地のほかに,竿入をせずに見計いによって古検の村高に一定の増高をつけて無地増高とする検地を居検地,品位・斗代は従来どおりとして面積のみ測量し修正する略式の検地を地押または地詰,部分的な対象地をこまかく区分した絵図に作って反別をただす検地を廻り検地,境界争論などによって行う検地を論所検地といった。また検地は麦・稲の刈入れ後に行われることが多く,季節によって春検地と秋検地の別があり,春検地はその年から,秋検地は翌年から高に組み入れられるのが通例であった。…

※「地押」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android