コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隼人司 はやとのつかさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隼人司
はやとのつかさ

令制の官司の一つ。衛門府の被官で,隼人検校した役所。彼らに風俗 (ふぞく) の歌舞 (→隼人舞 ) を教え習わせ,竹器を造らせた。長官は隼人正。大同3 (808) 年兵部省の所管となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はやひと‐の‐つかさ【×隼人司】

律令制で、衛門府(のち兵部省)に属し、隼人の管理、歌舞の教授、竹器の製作などをつかさどった役所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はやとのつかさ【隼人司】

隼人を管掌する役所。天武・持統朝のころ,大隅隼人阿多隼人の一部は畿内および周辺地に移住させられ,番上して,宮門守護,歌舞の演奏,竹笠の造作等に当たった。また大隅,薩摩に在住の隼人らが6年1交替で上京して来たが,それらを管掌する官衙が隼人司である。令制では衛門府に属し正1人,佑1人,令史1人,使部10人,直丁1人の官人構成であった。その下に大衣(おおきぬ)隼人,番上隼人,今来隼人,白丁隼人らがおり,諸々の職に当たった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はやひとのつかさ【隼人司】

律令制で、隼人を管轄し、歌舞の演奏、竹笠の製作、宮門の守護などをつかさどった官司。衛門府に属し、のち兵部省の所属となった。はやとのつかさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隼人司
はやとし

朝貢隼人・移配隼人など畿内に居住する隼人を統括し、宮門などを警衛し、元日朝賀・蕃客(ばんきゃく)入朝などの儀式や行幸(ぎょうこう)への参加で天皇権威を荘厳(しょうごん)するために設置された官司。竹製品の製作にも携わった。飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)に前身官司が存在した可能性がある。大宝令では衛門府の管下にあり、正(かみ)・佑(じょう)・令史(さかん)の三等官が置かれ、使部(つかいべ)・直丁(じきてい)および2人の大衣(おおきぬ)と今来(いまき)隼人、白丁(はくてい)隼人からなった。平城宮跡からは井戸枠に転用された隼人盾が出土している。805年(延暦24)の隼人の朝貢停止をうけて、808年(大同3)正月隼人司は衛門府に吸収され、同年7月兵部省(ひょうぶしょう)のもとに再置され、畿内隼人によって維持された。『延喜式』兵部省隼人司に、この時期の詳細が見える。この後も文正年間(1466~1467)までは、即位・大嘗祭(だいじょうさい)・行幸などに関与したことが知られる。[永山修一]
『中村明蔵著『熊襲・隼人の社会史研究』(1986・名著出版) ▽永山修一著「隼人司の成立と展開」(隼人文化研究会編『隼人族の生活と文化』所収・1993・雄山閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の隼人司の言及

【隼人】より

…神代紀には,火酢芹(ほすせり)命(海幸)が弟の山幸に敗れて伏罪したとき,みずから狗人(いぬひと)と称したといい,〈火酢芹命の苗裔,諸の隼人ら,今に至るまで天皇の宮墻の傍を離れずして,代(よよ)に吠ゆる狗して奉事(つかえまつ)る者なり〉とある。律令時代にも,隼人は隼人司の管掌下にあり,吠声して宮廷守護に当たった。《令集解》職員令では,隼人という名は吠声によると解しているが,海幸が服属したとき〈俳優(わざおぎ)の民〉とならんと誓ったとの隼人舞の起源伝承から,テンポの早いはやしをする人の意で〈はやと〉と名付けたのかもしれない。…

※「隼人司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

隼人司の関連キーワード隼人(古代の南部九州の居住民)塩土老翁

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android