コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難民認定 なんみんにんてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

難民認定
なんみんにんてい

日本は 1981年に難民条約・議定書に加入し,それに伴い出入国管理及び難民認定法 (入管法) を改正,人種・宗教・政治的信条などを理由に本国では迫害されるとして日本に上陸した外国人を難民として認める制度をスタートさせた。上陸から 60日以内に認定を申請し,認定を受ければ日本人と同様,社会保障の対象とされた。しかし,諸外国と比べて難民認定数が著しく少なかったことなどから,2004年に入管法を再度改正。 60日以内の申請期限を撤廃したほか,難民申請中の者に対し,退去強制手続きと収容を停止して仮滞在を許可する制度を設けるなど,認定基準の緩和がはかられた。なお,以上のような難民条約上の難民のほかに,おもに経済的な理由から流出してきた者は経済難民と呼ばれ,入管法の適用からはずされ,難民定住の枠内で対処される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

難民認定

紛争などから逃れるため国境を越えた難民は、国際条約保護が義務づけられているが、その地位を認めるかどうかは申請を受けた各国が審査し、独自に判断する。

(2013-11-05 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

なんみん‐にんてい【難民認定】

人種・宗教・政治的意見等により母国において迫害を受ける恐れがある人を、他国で難民と認定し、在留許可などを与える制度。国連難民条約の規定と照らし合わせて認定する場合や、難民キャンプからの受け入れなどがある。
[補説]日本は、欧米の先進国と比較して、難民認定者の絶対数や申請者の認定割合が低いとの指摘がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

難民認定の関連キーワード内戦とスイスのスリランカ人出入国管理および難民認定法難民の地位に関する条約日本の難民受け入れ難民審査参与員制度入国管理センター南米日系人労働者ポツダム緊急勅令日本の外国人政策在日ミャンマー人不法滞在者の収容日本の難民認定豪州への密航船外国人不法就労出入国管理令外国人登録法外国人労働者特別永住者旅券不携帯入国管理局

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難民認定の関連情報