夏木立(読み)ナツコダチ

大辞林 第三版の解説

なつこだち【夏木立】

暑い夏の日ざしを遮って立つ、生い茂った木立。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なつ‐こだち【夏木立】

[1] 〘名〙 夏のこだち。夏のころの生い繁った木立。《季・夏》
※林葉集(1178)夏「夏木立軒ばにしげく成るままに数そひまさる蝉の諸声
[2] (なつこだち) 江戸前期の雑俳集。一冊。吹簫軒雲鼓編。元祿八年(一六九五)刊。京都俳壇における笠付(烏帽子付)点者の第一人者雲鼓が元祿八年夏に興行した笠付の会での句を撰したもの。自序に会の由来や経緯を述べ、本文に句評を施す。巻末に、前年夏興行の「卯の花千句」を付す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android