コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊泉寺[温泉] れいせんじ

世界大百科事典 第2版の解説

れいせんじ【霊泉寺[温泉]】

長野県中部,小県(ちいさがた)郡丸子町にある温泉。セッコウ泉,41℃。三方を山に囲まれ,内村川支流の霊泉寺川沿いにある。鹿教湯(かけゆ)温泉,大塩温泉(単純泉,40℃)とともに丸子温泉郷を形成する。平安時代,平維茂の発見と伝えられ,9世紀には温泉にちなんで霊泉寺が建立され,寺湯として発展したといわれる。古くから保養温泉として親しまれ,現在も国民温泉に指定され,各種の温泉医療施設がある。付近には霊泉寺のほか,薬師堂,城山公園,稚児ヶ淵などがあり,美ヶ原ハイキングの基地にもなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報