須佐[町](読み)すさ

百科事典マイペディアの解説

須佐[町]【すさ】

山口県北部,日本海に面する阿武郡の旧町。山陰本線が通じる中心の須佐は古くからの港町で漁業基地。入江や小島に富む須佐湾(名勝・天然記念物)と,湾外の天神岩,畳岩,断崖の屏風(びょうぶ)岩,磁石石(天然記念物)で有名な高山(こうやま)などは北長門海岸国定公園の一中心。2005年3月阿武郡田万川町,旭村,福栄村,川上村,むつみ村と市へ編入。87.15km2。3794人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すさ【須佐[町]】

山口県北部,阿武郡の町。人口4039(1995)。北部は日本海に面しているが,大部分は山間地で,中央部の犬鳴山付近の分水嶺を境に須佐地区と弥富地区に分かれる。中心集落の須佐は日本海に臨む漁港で,1601年(慶長6)石見益田の城主益田元祥が当地に移り,近世を通じて支配した。沿岸航路の寄航地としても栄え,町場も形成された。タバコ,シイタケの栽培が盛んで,肉用無角牛の飼育も行われている。一本釣り,小型巻網によるアジやイワシの漁獲がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android