頼豪(1)(読み)らいごう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼豪(1) らいごう

1004-1084 平安時代中期-後期の僧。
寛弘(かんこう)元年生まれ。天台宗近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の心誉にまなぶ。白河天皇皇子誕生を祈願し効をあらわす。その賞として園城寺に戒壇院建立をねがうが延暦(えんりゃく)寺の反対でゆるされず,断食して応徳元年11月4日死去。81歳。死後,怨霊(おんりょう)が皇子に祟(たた)ったり,無数の(ねずみ)となって延暦寺の経典をくいやぶったりしたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android