コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼豪(2) らいごう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼豪(2) らいごう

1282-1360 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)5年生まれ。真言宗。紀伊(きい)根来寺(ねごろじ)蓮華(れんげ)院(和歌山県)の実尊,中性院の頼瑜(らいゆ)にまなぶ。元徳2年(1330)実尊の死後,蓮華院をつぎ,大伝法院の学頭となった。延文5=正平(しょうへい)15年死去。79歳。字(あざな)は行心。著作に「大日経疏開雲鈔(だいにちきょうしょかいうんしょう)」「束草集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

頼豪(2)の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android