コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紛う マガウ

デジタル大辞泉の解説

まが・う〔まがふ〕【紛う】

[動ワ五(ハ四)]
他のものとよく似ていてとりちがえる。現在では連体形のみが用いられ、一般には「まごう」と発音されることが多い。「海かと―・うばかりの大湖」
入り乱れる。
「梅の花散り―・ひたる岡辺(をかび)にはうぐひす鳴くも春かたまけて」〈・八三八〉
[動ハ下二]まがえる」の文語形

まご・う〔まがふ〕【紛う】

[動ワ五(ハ四)]まがう

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まがう【紛う】

( 動五[四] )
〔「目ふ」の意か〕
区別できないほどよく似ている。 「雪と-・うばかりの花吹雪」 「 - ・う方なき金の茶釜」
入り乱れる。 「雪かも降ると見るまでにここだも-・ふ梅の花かも/万葉集 844
まじり合って区別がつかない。 「老いらくの来むといふなる道-・ふがに/古今 」 〔現代語では主に連体形が用いられ、「まごう」と発音することが多い。「紛える」に対する自動詞〕
( 動下二 )
[句項目]

まごう【紛う】

( 動五[四] )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

紛うの関連キーワード連体形紛える木幡狐大湖岡辺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紛うの関連情報