コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風景論 ふうけいろん

世界大百科事典 第2版の解説

ふうけいろん【風景論】

特定の視点・視角によって限定された視界にひろがる風景の印象論,観賞論,構造論(物的構成),意味論の総称。風景(山水)画論や庭園論と関係が深い。近代的な風景論は,風景の物的構造の科学的分析と,一方では観賞者の知覚,感受性といった心理的側面の考察との組織的統合化を目ざし,景観地理学知覚心理学,とくに風土心理学geopsychology,造形美学などに依存しているが,まだ風景学としての体系化は試論的段階にある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

風景論の関連キーワード曠世・昿世乱伐・濫伐迸出・逬出阻格・沮格日に月に職として騰沸奮躍斗出進暢刻削発上点接誤食吐出眩耀露宿四周聳立煽煽

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風景論の関連情報