コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬籠峠 まごめとうげ

4件 の用語解説(馬籠峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬籠峠
まごめとうげ

長野県南西部の南木曽町と,岐阜県中津川市の境にある峠。旧中山道木曾谷の南の入口にあたる。標高 801m。南方に馬籠,北方に妻籠の旧宿場町がある。旧中山道自然遊歩道として保存されており,番所跡,桟道跡などがあって,近世街道の様相をよく残している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まごめとうげ【馬籠峠】

長野県西部,木曾郡南木曾(なぎそ)町と山口村の境にある峠。標高801m。中山道が通り,北麓に妻籠(つまご),南側中腹に馬籠,西麓に落合の3宿が置かれた。街道の難所の一つで,峠路の一部は石畳で舗装されている。峠の北側には,番所跡や雄滝・雌滝などがあり,南側には牛方の集落であった峠がある。1959年車道が整備されたが,旧街道も残り,ハイキングコースに利用されている。【市川 健夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕馬籠峠(まごめとうげ)


長野県南木曽(なぎそ)町と岐阜県中津川(なかつがわ)市の境、木曽谷(きそだに)南部にある峠。木曽川中流域の難所を避けた中山道が高土幾(たかとき)山の東腹を迂回(うかい)する鞍部(あんぶ)に位置する。標高790m。近代にはJR中央本線・国道19号がともに木曽川本流沿いに開通し、幹線交通路からはずれた。北の妻籠(つまご)宿とともに、南の馬籠宿として近世宿場町の名残を伝える観光地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬籠峠
まごめとうげ

長野県南西端、木曽(きそ)谷の南端にある峠。標高801メートル。近世の中山道(なかせんどう)(木曽街道)が通じ、北麓(ほくろく)に妻籠(つまご)宿(長野県南木曽町)、南麓に馬籠宿(岐阜県中津川市)がある。明治中期に西方に新道ができたためさびれたが、江戸時代の街道のようすをよく残し、現在、信濃(しなの)自然歩道の一部として整備されている。とくに馬籠から峠を越えて妻籠に至る約9キロメートルはハイキングコースとして利用者が多い。峠に立つと、南方の岐阜中津川方面が大観でき、藤村は『夜明け前』で「広い空は恵那(えな)山の麓(ふもと)の方にひらけ……」と記している。また正岡子規(しき)の「白雲や青葉若葉の三十里」の句碑もある。峠付近には木曽谷から搬出する材木を改める白木改(しらきあらため)番所跡、立場(たてば)茶屋などが残っている。[小林寛義]
『市川健夫著『信州の峠』(1972・第一法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬籠峠の関連キーワード南木曽・南木曾南木曽蘭キャンプ場長野県木曽郡南木曽町吾妻長野県木曽郡南木曽町岐阜県中津川市上野岐阜県中津川市落合岐阜県中津川市苗木岐阜県中津川市中津川岐阜県中津川市本町岐阜県中津川市柳町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone