コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高千穂[町] たかちほ

百科事典マイペディアの解説

高千穂[町]【たかちほ】

宮崎県北西部,西臼杵(にしうすき)郡の町。五ヶ瀬川上流域を占め,祖母山(そぼさん)南部にあたる。大部分は山林原野。阿蘇溶岩の丘陵地に水田が開け,畜産を行うほか,タバコ・野菜・シイタケ栽培も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかちほ【高千穂[町]】

宮崎県北西部,西臼杵郡の町。人口1万6780(1995)。五ヶ瀬川上流域に位置し,北は祖母山を境に大分県に接する。日本神話の天孫降臨の地とされ,天岩戸神社,高千穂神社があり,天真名井,国見丘など神話にちなむ地名が多い。中世は三田井氏が中山城を築いて支配したが,近世は延岡藩領であった。中心地の三田井は高千穂鉄道,国道218号,325号線が通る交通の要衝で,農林業とともに商業が盛ん。九州山地にあって町域の大半は山林で占められるが,五ヶ瀬川本支流沿いに耕地が開かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高千穂[町]の関連キーワード祖母傾国定公園高千穂峡

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android