山之口(読み)やまのくち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山之口
やまのくち

宮崎県南西部,都城市東部の旧町域。鰐塚山地の北西斜面にある。 1964年町制。 2006年都城市,高城町,山田町,高崎町と合体して都城市となった。江戸時代は薩摩藩領。ほとんどが山林で,その大部分は国有林である。中央部を西流する大淀川の支流東岳川の流域に農地が開け,米,野菜が栽培されるほか,畜産が行なわれる。粘土瓦の製造も発達。麓地区に伝わる文弥節人形浄瑠璃は国の重要無形民俗文化財。的野地区では弥五郎どん祭が伝わる。一部はわにつか県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山之口
やまのくち

宮崎県南西部、北諸県(きたもろかた)郡にあった旧町名(山之口町(ちょう))。現在は都城市(みやこのじょうし)の東部を占める地域。都城盆地東端に位置する。旧山之口町は1964年(昭和39)町制施行。2006年(平成18)都城市に合併。旧町名は、中世城館山之口城、また都城盆地と宮崎平野を分ける山地の入口にあたることに由来する。西部に扇状地性の河岸段丘があるほかは大部分が日南(にちなん)山地で、青井(あおい)岳(563メートル)は都城盆地、宮崎平野の分水界である。JR日豊(にっぽう)本線、国道269号、宮崎自動車道が通る。古代駅家の水俣(みまた)駅の所在地といわれ、荘園島津荘三俣院(しょうえんしまづのしょうみまたのいん)も存した。戦国末の一時期伊東(いとう)氏が領したが、のち薩摩(さつま)島津氏の支配となった。主産業は農業で畜産が盛ん。特産物には完熟キンカン、粘土瓦(がわら)がある。観光地には青井岳自然公園がある。人形芝居の伝統芸能「麓文弥節人形浄瑠璃(ふもとぶんやぶしにんぎょうじょうるり)」が国の重要無形民俗文化財に指定されている。[横山淳一]
『『山之口町史』(1974・山之口町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山之口の関連情報