高崗(読み)コウコウ

デジタル大辞泉 「高崗」の意味・読み・例文・類語

こう‐こう〔カウカウ〕【高崗】

[1905~1954]中国政治家陝西せんせい省の人。東北地方基盤として活動し、1949年中央人民政府副主席、1952年国家計画委員会主席。のち、毛沢東から「反党連盟」結成嫌疑をかけられ失脚し、翌年自殺した。カオカン

カオ‐カン【高崗】

こうこう(高崗)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「高崗」の意味・読み・例文・類語

こう‐こうカウカウ【高崗】

  1. [ 1 ] 〘 名詞 〙 高い丘。
    1. [初出の実例]「秋尋蕭寺高崗、攀樹踞巖只眺望」(出典本朝麗藻(1010か)下・晩秋遊彌勒寺上方〈源孝道〉)
  2. [ 2 ] 中国の政治家。劉志丹とともに陝北ソビエトを組織し、一九四五年共産党中央委員。東北地区の解放を指導し、五二年国家計画委員会初代主席に就任、中央人民委員会主席などを兼任した。のち、反党活動の嫌疑を受け、自殺。(一九〇五‐五四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「高崗」の意味・わかりやすい解説

高崗
こうこう / カオカン
(1905―1954)

中国の政治家。陝西(せんせいシャンシー)省生まれ。楡林(ゆりん/ユイリン)および西安(せいあんシーアン)の師範学校に学ぶ。劉志丹(りゅうしたん)とともに陝西にソビエト区を建設、毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)を先頭に長征を行った紅軍主力を迎え入れる。1945年中国共産党第7回大会で中央委員に、1949年人民共和国成立直前に東北人民政府主席となり、東北(旧満州)の実権を握った。共和国成立後、中央政府副主席、東北行政委員会主席などについたが、饒漱石(じょうそうせき/ラオシューシー)らとともに東北に「独立王国」をつくろうとしたという反党行為を批判され1954年に失脚、1955年に党から除名された。1954年死去。獄中で自殺したと伝えられる。

[安藤彦太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「高崗」の意味・わかりやすい解説

高崗 (こうこう)
Gāo Gǎng
生没年:1893か1905-1954?

中国の政治家。陝西省横山県の生れ。26年中国共産党入党。劉志丹らと陝西省北部に農村ソビエトを組織し,35年紅軍主力を迎える。陝甘寧辺区党委書記を経て45年党中央政治局委員となる。以後,中共中央東北局書記等東北の党・軍の要職に就く。49年中華人民共和国中央人民政府副主席となるが,54年,東北に独立王国を作ろうと企て,さらに党中央をのっとるために饒漱石らと〈反党連盟〉を作ったと批判され,自殺,翌55年党から除名された。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「高崗」の解説

高崗(こうこう)
Gao Gang

1902~54

中国現代の政治家,革命家。陝西(せんせい)省横山の人。1926年共産党に入党。陝甘寧(せんかんねい)辺区を創設。ついで東北人民政府主席として東北で活動する。中華人民共和国成立後,共和国副主席になるが,饒漱石(じょうそうせき)らと反党連盟を結成して劉少奇(りゅうしょうき)周恩来にとって代わろうとしたとされ,54年に批判を受けて逮捕された。自殺したとされる。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

百科事典マイペディア 「高崗」の意味・わかりやすい解説

高崗【こうこう】

中国共産党の政治家。陝西省生れ。陝西地区で農民運動を指導。長征の紅軍を迎え陝甘寧(せんかんねい)地区で活躍。1945年党中央委員。1946年以後,林彪(りんぴょう)の下で東北辺区を指導,1949年東北人民政府主席,中央人民政府委員会副主席,1953年国家計画委員会主席。1954年反党活動を理由に追放され自殺したとされる。1955年党より除籍。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「高崗」の意味・わかりやすい解説

高崗
こうこう
Gao Gang

[生]光緒31(1905).陝西,横山
[没]1954.8.
中国共産党の指導者。劉志丹とともに早くから陝西省北部で農村ゲリラ活動を続け,長征中,陝北の革命根拠地を死守し,毛沢東らの紅軍主力を迎え入れた。 1945年党中央委員となり,東北の解放を指導し,49年中央人民政府委員会副主席,東北人民政府主席,52年国家計画委員会主席をつとめ,「満州のスターリン」とも呼ばれた。 54年饒漱石らと党と国家の指導権を奪取し,独立王国をつくろうとしたとして摘発され,7期四中全会で批判を受けたのち自殺。翌年3月,党を除名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android