鳥取県西部地震(読み)とっとりけんせいぶじしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鳥取県西部地震」の解説

鳥取県西部地震
とっとりけんせいぶじしん

2000年10月6日午後1時30分頃,島根県との県境に近い鳥取県西部で発生したマグニチュードM )7.3の地震。気象庁による正式名称は「平成12年(2000年)鳥取県西部地震」。震央は北緯 35°16.5′,東経 133°20.9′,震源の深さは約 11km。鳥取県境港市日野町で最大震度 6強を記録したほか,中国地方から四国北部にかけても震度 5弱以上の強いゆれが観測された。地震による死者はなかったが,重傷 39人,軽傷 143人の人的被害のほか,全壊 435棟,半壊 3101棟を含む 2万2080棟の住家被害などがあった。また米子市や境港市などの中海臨海地の埋立地を中心に液状化が発生し,上下水道や電力などのライフラインが被害を受けた。余震は北北西―南南東方向に約 30kmの長さに線状に分布し,M 5.0の最大余震が 10月8日午後8時51分頃に発生した。地震波から推定される本震断層は,断層面がほぼ垂直で北北西―南南東方向に走る左横ずれ断層である。地表地震断層が現れたという報告はなく,この地震に対応する活断層も見つかっていない。この断層運動を引き起こした力は,近畿地方から中国地方に共通する東西方向の圧縮力である。震源付近では M 5級の地震が 1989,1990,1997年に発生していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「鳥取県西部地震」の解説

とっとりけんせいぶ‐じしん〔‐ヂシン〕【鳥取県西部地震】

平成12年(2000)10月6日、鳥取県西部を震源に発生したマグニチュード7.3の地震。同県境港市・日野町で震度6強を観測。家屋倒壊のほか、斜面崩壊落石などにより、交通網に甚大な被害をもたらした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android