コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢 寛治(6代目)(読み)ツルザワ カンジ

20世紀日本人名事典の解説

鶴沢 寛治(6代目)
ツルザワ カンジ

明治〜昭和期の義太夫節三味線方(文楽)



生年
明治20(1887)年10月17日

没年
昭和49(1974)年8月20日

出生地
京都

本名
白井 治三郎

別名
前名=鶴沢 寛治郎(3代目)

主な受賞名〔年〕
大阪芸術賞〔昭和44年〕,日本芸術院賞〔昭和46年〕,毎日芸術賞〔昭和46年〕,名古屋演劇ペンクラブ年間賞〔昭和47年〕,上方芸能人顕彰〔昭和59年〕

経歴
明治29年9代竹沢弥七に入門、団次郎を名乗る。33年2代鶴沢寛治郎に師事して鶴沢姓を名乗る。6代竹沢団七、3代寛治郎を経て、昭和31年6代寛治を襲名。明治期の名人豊沢団平の芸風をうけつぐ最後の人といわれ、3代竹本津太夫、4代竹本津太夫の相三味線を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

鶴沢 寛治(6代目)
ツルザワ カンジ


職業
義太夫節三味線方(文楽)

専門
人形浄瑠璃,三味線

肩書
重要無形文化財保持者(人形浄瑠璃文楽・三味線)〔昭和37年〕

本名
白井 治三郎(シライ ジサブロウ)

別名
前名=竹沢 団次郎,竹沢 団六(6代目),鶴沢 寛治郎(3代目)

生年月日
明治20年 10月17日

出生地
京都

経歴
明治29年5代目竹沢団六(のちの9代目竹沢弥七)に入門、団次郎を名乗る。33年2代目鶴沢寛治郎に師事して鶴沢姓を名乗る。43年6代目竹沢団六、昭和12年3代目鶴沢寛治郎を経て、31年6代目鶴沢寛治を襲名。この間、15年紋下・3代目竹本津太夫、25年には女婿・4代目津太夫の相三味線となる。明治期の名人豊沢団平の芸風をうけつぐ最後の人といわれ、37年人間国宝に認定される。

受賞
日本芸術院賞(昭46年度)〔昭和47年〕 勲三等瑞宝章〔昭和49年〕 大阪芸術賞〔昭和44年〕,大阪文化祭賞(金賞)〔昭和46年〕,毎日芸術賞(昭46年度)〔昭和47年〕,名古屋演劇ペンクラブ年間賞〔昭和47年〕,NHK放送文化賞〔昭和48年〕,上方芸能人顕彰〔昭和59年〕

没年月日
昭和49年 8月20日 (1974年)

家族
二男=鶴沢 寛治(7代目 義太夫三味線方),孫=竹本 緑太夫

親族
女婿=竹本 津太夫(4代目)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

鶴沢 寛治(6代目) (つるさわ かんじ)

生年月日:1887年10月17日
明治時代-昭和時代の浄瑠璃三味線方
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android