コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢道八 つるざわどうはち

世界大百科事典 第2版の解説

つるざわどうはち【鶴沢道八】

義太夫節の三味線演奏者。(1)初世(1869‐1944∥明治2‐昭和19) 本名浅野楠之助。大阪出身。8歳で2世鶴沢吉左衛門に入門,吉松を名のったが2世勝七の門に移って友松となり文楽座に出勤,のち彦六座に移り2世豊沢団平の教えを受けた。1906年一時退座して道八と改名,23年に文楽座に復帰,3世竹本津太夫,4世竹本大隅太夫らを弾いた。独特の間と美音で名手の評高く,作曲にも秀で《小鍛冶》などをものした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鶴沢道八の関連キーワード竹本 大隅太夫(4代目)豊沢 新左衛門(2代目)鶴沢 勝七(2代目)鶴沢 清六(4代目)豊沢 団平(3代目)竹本春子大夫(3世)鶴沢 道八(2代目)鶴沢友次郎(6世)鶴沢道八(1世)鶴沢道八(初代)鶴沢清六(4代)鶴沢道八(2代)鶴沢清六(4世)蝶の道行竹本東広鶴沢清治

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android