コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢道八 つるざわどうはち

1件 の用語解説(鶴沢道八の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つるざわどうはち【鶴沢道八】

義太夫節の三味線演奏者。(1)初世(1869‐1944∥明治2‐昭和19) 本名浅野楠之助。大阪出身。8歳で2世鶴沢吉左衛門に入門,吉松を名のったが2世勝七の門に移って友松となり文楽座に出勤,のち彦六座に移り2世豊沢団平の教えを受けた。1906年一時退座して道八と改名,23年に文楽座に復帰,3世竹本津太夫,4世竹本大隅太夫らを弾いた。独特の間と美音で名手の評高く,作曲にも秀で《小鍛冶》などをものした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鶴沢道八の関連キーワード相三味線義太夫節義太夫三味線竹本立三味線豊沢団平太棹脇三味線鶴谷藤八野沢勘蔵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone