コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

47年グループ よんじゅうななねんグループGruppe 47

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

47年グループ
よんじゅうななねんグループ
Gruppe 47

第2次世界大戦後の西ドイツ文学を支えた大文学集団。文学者,ジャーナリストによって結成された。戦後,若い世代によって発行されていた政治・文化評論誌『叫び』 Der Rufが 1947年占領軍当局により発禁処分を受けたとき,同誌の同人が H.W.リヒターアンデルシュを中心に集って発足。当時掲げた目標は,文学,ジャーナリズムの領域におけるエリートの養成,個々人による民主主義の実践という2つの目的を綱領,組織,画一的思想などをもたずに推し進めることであった。その中心はゼーリング,コルベンホフ,クレーマー=バドーニ,イェンスらで,H.ベル,G.グラスヨーンゾンらも属する。 77年解散した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

47年グループ【よんじゅうななねんグループ】

旧西ドイツの文学者集団。H.W.リヒターやアンデルシュらによって戦後創刊された実存主義的,社会主義的な雑誌《ルーフDer Ruf(叫び)》が1947年に米国の占領軍によって禁止されたとき,その執筆者を中心に結成された。
→関連項目バハマンハントケワルザー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よんじゅうななねんグループ【47年グループ Gruppe 47】

西ドイツの著作家の集りで,1950年代後半から60年代前半のドイツ語文学界に大きな意味を持った。第2次世界大戦終結の翌年にミュンヘンで創刊され,若い世代の主張を伝えた《ルーフDer Ruf(叫び)》誌(1946‐47)がその前身になる。占領政策への批判的発言などのため同誌が発禁措置を受けたとき,編集者リヒターHans Werner Richter(1908‐93)は新たな文学雑誌を企画し,志向を同じくする作家らを招いて,各自持参の原稿を朗読し討論を交わす集りを催した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

47年グループの関連キーワードリヒター(Hans Werner Richter、作家)ハンス・マグヌス エンツェンスベルガーウォルフガング ヒルデスハイマールードルフ クレーマー・バドーニハンス・ヴェルナー リヒターヴォルフガング ヴァイラウフアルフレッド アンデルシュインゲボルグ バッハマンマルティーン ワルザーマルティン ワルザーピエトロ コンサグラクレーマー=バドーニエンツェンスベルガーヴァルター イェンスイルゼ アイヒンガーハイセンビュッテルギュンター グラスヒルデスハイマーワイラウフクルーゲ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

47年グループの関連情報