コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリスト Kallistō

デジタル大辞泉の解説

カリスト(Kallistō)

ギリシャ神話で、アルテミスに仕えたニンフゼウスに愛されてアルカスを産んだため、ゼウスの妃ヘラによって熊にされた。
(Callisto)木星の第4衛星で、すべての衛星のうち8番目に木星に近い軌道を回る。1610年にガリレオ=ガリレイが発見。名はに由来。エウロパ同様、表面の氷の層の下に液体の海が存在する可能性があるとされる。直径は約4800キロ(地球の約0.38倍)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カリストの関連キーワードガリレイ南洋宝貝ガリレオタコ縞蛸

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カリストの関連情報