コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)

1件 の用語解説(DHA(ドコサヘキサエン酸)の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

DHA(ドコサヘキサエン酸)

水産生物に特有な脂質を構成する高度不飽和脂肪酸の一つでEPAと同様、まぐろ、ぶり、かつお、さばなどの海産魚に多く含まれる。生理作用としては、EPAと同様、血圧や血中脂質濃度の低下作用が知られているほか、脳の神経細胞の機能に重要な働きをすると考えられるため、「頭の働きをよくする脂肪酸」ともいわれる。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DHA(ドコサヘキサエン酸)の関連キーワード高度不飽和脂肪酸フィトール不飽和化合物ヨウ素価水産学高度不飽和長鎖脂肪酸多価不飽和脂肪酸トランス不飽和脂肪酸誘導脂質EPA(エイコサペンタエン酸)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

DHA(ドコサヘキサエン酸)の関連情報