コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)

農林水産関係用語集の解説

DHA(ドコサヘキサエン酸)

水産生物に特有な脂質を構成する高度不飽和脂肪酸の一つでEPAと同様、まぐろ、ぶり、かつお、さばなどの海産魚に多く含まれる。生理作用としては、EPAと同様、血圧や血中脂質濃度の低下作用が知られているほか、脳の神経細胞の機能に重要な働きをすると考えられるため、「頭の働きをよくする脂肪酸」ともいわれる。

出典|農林水産省農林水産関係用語集について | 情報

DHA(ドコサヘキサエン酸)の関連キーワードDHA(ドコサヘキサエン酸)・IPA(イコサペンタエン酸)ハムスターフード ヘルシープレミアム注意欠陥・多動性障害(ADHD)国際連合人道問題調整事務所外耳炎・中耳炎・内耳炎魚の生臭みを消すには?動脈硬化症・大動脈瘤イコサペンタエン酸ドコサヘキサエン酸多価不飽和脂肪酸グリコ グリカルアトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎銚子つりきんめIPA、DHA国連人道問題局n小児ぜんそく不飽和脂肪酸ブリ・ハマチ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DHA(ドコサヘキサエン酸)の関連情報