WPW症候群(読み)ダブリューピーダブリューショウコウグン

  • (循環器の病気)
  • WPW症候群 WPW syndrome
  • WPW症候群 Wolff-Parkinson-White Syndrome
  • だぶりゅぴーだぶりゅしょうこうぐん
  • ダブリュピーダブリュしょうこうぐん
  • ダブリューピーダブリューしょうこうぐん〔シヤウコウグン〕

デジタル大辞泉の解説

Wolff-Parkinson-White syndrome発作性上室性頻拍一種心房心室の間で電気刺激を伝える房室結節とは別に、もう一つ副伝導路(ケント束)が存在するため、房室結節とケント束の中で電気刺激が旋回することにより、頻拍が発生する。治療は、カテーテルアブレーションによって副伝導路を灼する。房室回帰性頻拍
[補説]心筋を動かす電気刺激は、通常、房室結節を通って心房から心室へ伝わるが、この正常な伝導路以外にもう一つ副伝導路がある場合、房室結節で電気刺激が心房から心室へ伝わると同時に、副伝導路で心室から心房へ電気刺激が戻る状態になると、2本の伝導路内を電気刺激が旋回することになり、頻拍の原因となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 ウォルフパーキンソン・ホワイト症候群といい、生まれつき心房(しんぼう)と心室(しんしつ)の間に余分な伝導路(副伝導路)があるために電気の旋回(せんかい)(空回り)がおこって頻脈(ひんみゃく)が発生する病気です。患者さんの半数以上に発作性上室性頻拍(ほっさせいじょうしつせいひんぱく)または心房細動(しんぼうさいどう)がおこります。
[治療]
 動悸(どうき)がない場合は、治療は必要ありません。病的な動悸(脈拍数が150以上で、突然始まって、突然止まる動悸、あるいはまったく不規則にがうつ動悸)がある場合は、根治療法カテーテルアブレーション)を行なったほうがよいでしょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウォルフ=パーキンソン=ホワイト症候群Wolff‐Parkinson‐White syndromeともいう。L.ウォルフ,J.パーキンソン,P.D.ホワイトによって報告された症候群で,不整脈を起こす疾患の一つ。突然に頻拍の発作が起こり,ときには脈拍は1分間に200~300に達する。動悸を覚え,胸が苦しくなり,胸痛を伴って,血圧も低下する。重症例では意識も低下し,急死することもある。この発作は通常の刺激伝導系に対し,別の副伝導路(ケント束,マハイム繊維など)が存在し,刺激伝導系の興奮がこれらの副伝導路を経て先に伝わったり,正常では心房に回帰しない興奮が再び心房にもどり,旋回することによって生ずると考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不整脈の一種で、ウォルフL. WolffとパーキンソンJ. ParkinsonとホワイトP. D. Whiteの3人によって1930年に報告された症候群をいい、頭文字をとってWPW症候群とよばれる。
 心臓の刺激伝導系の一部で左心室、右心室に興奮を伝導する左脚、右脚のうち、いずれか一方の脚が障害されて末梢(まっしょう)に興奮が伝導されなくなる脚(きゃく)ブロックに似た心電図所見を示す一症候群である。その特徴は、心電図でデルタ波を認めること、P‐Q時間の短縮があること、発作性上室性頻拍症や発作性心房細動をおこしやすいことである。房室結節以外に先天的あるいは後天的に心房と心室を結ぶ刺激伝導系の異常短絡路があり、心房興奮がこの短絡路を通って早期に心室筋を興奮させるためにP‐Q時間が短縮し、デルタ波が出現する。
 頻拍発作のほかにはなんらの自覚症状を示さず、またそれによって心臓の機能が障害されることはない。したがって、健康者にみられることが多く、偶然心電図検査で発見されることも少なくない。頻拍発作がしばしばおこる場合には治療を要する。発作時にはプロカインアミドの静脈注射、発作予防にはキニジンなどの抗不整脈剤が投与される。最近では外科的にこの短絡路を切断することが試みられ成功している。[井上通敏・竹内慶治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

六訂版 家庭医学大全科の解説

 1930年に3名の研究者が特徴的な症例(外見は健康な青年がしばしば頻拍(ひんぱく)発作を起こし、心電図上で脚ブロックを示す)を学会誌に報告したのが始まりです。米国のウォルフ、ホワイト、英国のパーキンソンが共著で「健常な若い人にみられる発作性頻拍を伴うPR短縮の脚ブロック」という論文を発表しました。この論文から、ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群、現在では頭文字をとったWPW症候群として知られるようになりました。

 WPW症候群の本質は、房室結節(ぼうしつけっせつ)以外に心房と心室を結ぶ副伝導路が生まれた時からあることで、心房から心室へ副伝導路を伝わる場合にデルタ波がみられます。常にデルタ波が存在する例を顕性(けんせい)WPW症候群、デルタ波が時々認められる例を間欠性(かんけつせい)WPW症候群、心室から心房へだけ副伝導路伝導がありデルタ波を示さない例を潜在性(せんざいせい)WPW症候群といいます。

 デルタ波のある例に心房細動(しんぼうさいどう)が生じると、房室結節伝導とは異なり、心房興奮が副伝導路を介して頻回に心室へ伝えられるために心室興奮も頻回になります。QRS幅は広くなり心室室興奮数が多くなるために心室頻拍と見間違いますが、RR間隔が不規則なことから区別できます。このためWPW症候群に心房細動が生じると偽性(ぎせい)心室頻拍といわれます。

 偽性心室頻拍の心室興奮頻度が高くなると心室細動(しんしつさいどう)へ移行する可能性があるので、偽性心室頻拍は早期に停止させるべきです。

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

WPW症候群の関連情報