コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《異端》 いたん

世界大百科事典内の《異端》の言及

【チェスタートン】より

…さらに詩,劇,小説,批評などにも,彼らに匹敵する警抜な着想と逆説的な筆法で縦横の活躍を示した。評論では彼のカトリック的な宗教観,政治観,社会観を説いた《異端》(1905),《正統》(1906)などがとくに有名であるが,この後も《ローマの復活》(1930)など晩年に至るまで論争的評論を数多く書いている。また小説でも,カトリックの司祭を探偵にして人気を博した〈ブラウン神父〉ものの連作(1911,14,26,27,35)や《ノッティング・ヒルのナポレオン》(1904)や《ドン・キホーテの帰還》(1922)などがあるほか,詩集では《白馬のバラッド》(1911)が有名。…

※「《異端》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《異端》の関連キーワードキュリロス[アレクサンドリアの]コンラート[マールブルク]エピファニオス[サラミス]シメオン[テッサロニカ]アルビジョア十字軍インクイジションルキウス(3世)魔女狩り・魔女狩ヘテロドキシータントラ仏教トルケマーダカステリヨンパゾリーニアルノルト修正主義宗教裁判ワルド派ゼンチョ小林古径三業惑乱