『方丈記』(読み)ホウジョウキ

とっさの日本語便利帳の解説

『方丈記』

鴨長明
行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし。\(一二一二)

『方丈記』

鎌倉初期の随筆。建暦二(一二一二)年成立。鴨長明作。世の無常、人生の無常と閑居生活の喜びを、流麗な和漢混交文で綴る。大火、飢饉、大地震などの災厄を描く冷徹な筆致、自己省察の深さ、鋭利な批評精神に秀でた、中世散文の白眉。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『方丈記』の関連情報