コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『方丈記』 ホウジョウキ

とっさの日本語便利帳の解説

『方丈記』

鴨長明
行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし。\(一二一二)

『方丈記』

鎌倉初期の随筆建暦二(一二一二)年成立。鴨長明作。世の無常、人生の無常と閑居生活の喜びを、流麗な和漢混交文で綴る。大火、飢饉、大地震などの災厄を描く冷徹な筆致、自己省察の深さ、鋭利な批評精神に秀でた、中世散文の白眉。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『方丈記』の関連キーワード有りとし有る山林に交わる生まれ合ふ旋風・辻風死出の山路裾廻・裾回隠者文学槇島昭武家を出ず時を失う猿丸大夫在在所所跡を隠す一日交ぜ目見立つ萩野由之世に従う吉田兼好に因りて軒を争う

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『方丈記』の関連情報