コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『紫式部日記』 ムラサキシキブニッキ

1件 の用語解説(『紫式部日記』の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

『紫式部日記』

紫式部作。鋭敏な観察眼、大胆な批評精神に裏付けられた宮廷生活日記。寛弘五(一〇〇八)年秋から七年正月までの三年間にわたる宮廷の諸行事の記述に、中宮や(藤原)道長や同僚女房などの人物スケッチをちりばめ、自らの感慨を併せて記す。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『紫式部日記』の関連キーワード紫式部日記紫式部日記絵巻一面的観察眼式部精神的適評暴評『方丈記』時実新子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『紫式部日記』の関連情報