うどん(饂飩)(読み)うどん

百科事典マイペディアの解説

麺(めん)類の一種。小麦粉に塩を少量加え,水でこねて薄く打ちのばして細く切る。江戸時代に広く普及し,関西ではとりわけ愛好された。熱湯でゆで,これを煮汁に入れたかけうどん,油揚げとネギを入れたきつね,てんぷら,かまぼこなどを入れ小さな土なべで煮るなべ焼きうどんなどがある。また乾燥した干うどん,幅を広めに作ったひもかわ(棊子麺(きしめん)),細めに作った冷や麦(ひやむぎ),素麺(そうめん)などがある。
→関連項目讃岐うどん

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

小麦粉でつくるめん類の一種。名称は奈良時代に中国から渡来した唐菓子の餛飩(こんとん)からの転化で,いつの間にか饂飩,温飩と書かれ,〈うんどん〉〈うどん〉と呼ばれるようになったが,中身は別物である。近世に饂飩といったのは中国の切麵(せつめん)で,日本の切麦(きりむぎ)にあたる。切麦はうどんより細く切るのが特徴で,熱くしたものを熱麦(あつむぎ),冷やしたものを冷や麦といい,そうめんと同じく点心のほか饗膳(きようぜん)の後段(ごだん)にも供された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のうどん(饂飩)の言及

【めん類(麵類)】より

…うどん,そばなどのように小麦粉,そば粉などをこねて細長い線条に切った食品の総称。中国ではもともと〈麵〉は小麦粉のことで,小麦粉を水その他でこねたものは〈餅(へい)〉と呼ばれた。…

※「うどん(饂飩)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android