かっぽれ

日本大百科全書(ニッポニカ)「かっぽれ」の解説

かっぽれ

俗曲幕末、江戸で願人坊主たちが白の着付、浅黄投頭巾(ずきん)、赤緒(あかお)の草履(ぞうり)で、二階傘を立て拍子木をたたいて踊った大道芸。名称の由来は、天保(てんぽう)期(1830~44)に流行した『鳥羽節(とばぶし)』の囃子詞(はやしことば)「わたしゃお前にかっ惚(ぽ)れた」によるものとも、一説にはイタリア民謡「カポーレン」の転訛(てんか)ともいう。大坂・住吉神社の御田植(おたうえ)神事から出た住吉踊「やあとこせ」の流れで、「かっぽれ、かっぽれ、甘茶でかっぽれ」の歌詞を特徴とし、豊年踊に卑俗滑稽(こっけい)な踊りを混ぜたもの。1877年(明治10)ごろから寄席(よせ)にも進出し、十数年間はとくに盛んであった。86年1月、東京新富(しんとみ)座で『初霞空住吉(はつがすみそらもすみよし)』として9世市川団十郎が風俗舞踊化したものが今日に伝わる。

[如月青子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「かっぽれ」の解説

かっぽれ

(1) 大道演芸 文化文政年間 (1804~30) に願人坊主が,白の行衣,墨染の腰衣,浅黄の投頭巾,赤緒草履の姿で花傘万灯を持ち,「やあとこせ」と歌い江戸市中を踊り歩いたのに始る。また住吉踊の流れともいう。明治初期に三味線伴奏により「かっぽれ踊り」と称して浅草に常設小屋を設けて興行し,寄席芸となった。平坊主,梅坊主などの名が知られる。現在は寄席芸のほかに座敷芸として命脈を保っている。 (2) 歌舞伎舞踊曲 大道芸のかっぽれを取込んだ舞踊。常磐津節『初霞空住吉 (はつがすみそらもすみよし) 』 (1886) がいまでも上演されるが,ほかに『栄華の夢全盛遊』 (27) ,『娯浮世機関 (おもしろやうきよからくり) 』 (75) などもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「かっぽれ」の解説

かっぽれ

[1] 〘名〙 「カッポレカッポレ甘茶でカッポレ」というはやしことばのある俗謡に合わせて踊るこっけいな踊り。また、その歌。幕末に起こり、明治中期ごろ全盛をきわめた。豊年踊りあるいは住吉踊りから出たものという。大道芸であったが、歌舞伎の所作事になり、寄席演芸にもなった。
※東京絵入新聞‐明治一八年(1885)一月一〇日「時に両君、僕がステテコやカッポレを船の艗(みよし)でひと踊御覧に入れん」
[2] 歌舞伎所作事。常磐津。河竹黙阿彌作詞。明治一九年(一八八六)新富座初演本名題「初霞空住吉(はつがすみそらもすみよし)」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「かっぽれ」の解説

かっぽれ

大道芸の一。江戸末期、住吉踊りの影響を受けて願人坊主が始めたもの。明治中期が全盛で、歌舞伎寄席にも取り入れられた。また、その際にうたわれる俗謡。
歌舞伎舞踊常磐津ときわず本名題初霞空住吉はつがすみそらもすみよし」。河竹黙阿弥作詞、5世岸沢式佐作曲。明治19年(1886)東京新富座で9世市川団十郎が初演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「かっぽれ」の解説

かっぽれ

俗曲曲名。活惚れのを当てる。現行曲は明治末期に成立か。志摩の民謡〈鳥羽節〉を願人(がんにん)坊主たちが豊年踊に結びつけて演じたのが始まり。〈かつ惚れる〉の語からこの曲名と囃子詞(はやしことば)が生れた。陽気な曲調と茶番風な舞踊で有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「かっぽれ」の解説

かっぽれ

俗曲,巷間舞踊。俗曲としては文政年間(1818‐30)に行われはじめ,幕末に流行した。民謡《鳥羽節》が変化した〈の暗いのに……〉が元歌で,曲名は囃子詞〈かっぽれ,かっぽれ,甘茶でかっぽれ〉に由来する。幕末の流行に乗じ,願人坊主住吉踊に〈かっぽれ〉ほか俗曲の〈ヤアトコセ〉〈姉(あね)さん本所かえ〉〈深川〉などを交えて踊ったことから〈かっぽれ〉の名で大道芸として流行。1878年ころからは寄席でも踊られ,初坊主や豊年斎梅坊主が得意とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android