からかう(読み)カラカウ

デジタル大辞泉の解説

からか・う〔からかふ〕

[動ワ五(ハ四)]
相手が困ったり怒ったりするようなことをしておもしろがる。揶揄(やゆ)する。「子供を―・う」
負けまいとして張り合う。争う。また、葛藤(かっとう)する。
「心に心を―・ひて、高野の御山に参られけり」〈平家・一〇〉
[可能]からかえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

からか・う からかふ

[1] 〘自ハ四〙
① 押したり返したりどちらとも決しない状態で争う。葛藤(かっとう)する。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※古今著聞集(1254)一六「心のはたらく事しづめがたけれども、猶とかく心にからかひて、其の年も暮れぬ」
② 言い争いをする。また、争う。闘う。
※九冊本宝物集(1179頃)八「とりくみ引くみて、夜もすがらからかひて」
※葉隠(1716頃)一「渡し舟にて、小姓酒狂にて船頭とからかひ」
③ 関心をよせる。かかわる。
※大恵書抄(14C後‐16C後)「あるないにはからかうまい」
[2] 〘他ワ五(ハ四)〙 冗談を言ったり困らせたりしながら相手をなぶりものにする。じらして苦しめる。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「小ぢょくは供をしながらふりかへりて熊にからかふ」
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「那様(あんな)事を言って僕を娗(カラカ)ったに違無い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

からかうの関連情報