がっかり(読み)ガッカリ

デジタル大辞泉の解説

[副](スル)
望みがなくなったり、当てが外れたりして、気力をなくすさま。「遠足が中止になってがっかりする」
ひどく疲労するさま。がっくり。
「一日起ち続けで日が暮れると―して座睡(いねむり)が出てくる」〈魯庵・くれの廿八日〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
① ひどく疲労するさま、張りつめていた気が一時にゆるんで、元気がぬけるさまを表わす語。がっくり。
※人情本・明烏後正夢(1821‐24)三「思へば心の張弓もがっかりたゆむ老の気の」
※初年兵江木の死(1920)〈細田民樹〉四「兵舎にがっかり腰を降すと」
② 落胆したさま、失望したさまを表わす語。がっくり。
※滑稽本・牛島土産(1824)下「雷門の羊羹だの、ヤレ船橋屋だのと楽(たのしみ)にさせてべらぼうらしい、がっかりしたは」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「帰宅したとてもお勢の顔を見ればよし、さも無ければ落脱(ガッカリ)力抜けがする」
③ まったく。全然。
※怪化百物語(1875)〈高畠藍泉〉下「商といふやつは盛に売る時も、また無皆(ガッカリ)(ひま)なこともありますが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がっかりの関連情報