きぼう(ばう)

普及版 字通「きぼう(ばう)」の解説

【帰】きぼう(ばう)

死者へのおくりもの。車馬にはといい、衣服にはという。〔春秋、隠元年〕天王をして、來(きた)りて惠仲子のを歸(おく)らしむ。

字通「帰」の項目を見る

望】きぼう(ばう)

眺望する。〔呂覧、不屈〕今の(しろきづ)くは、或いは上に操り、或いは畚(ふほん)して下に赴き、或いは(へうてつ)(手本)を操りて以て善くす。

字通「」の項目を見る

【暉】きぼう(ばう)

長く引く光。光。〔新論、類感〕風雨方(まさ)に至らんとして、鳥蟲之れに應ず。太白あれば、鷄必ず夜鳴く。

字通「暉」の項目を見る

謗】きぼう(ばう)

そしる。〔南史、顔延之伝〕(ほしいまま)に謗を興し、士を詆毀(ていき)す。仰いで榮を竊み、の性をし、私(ひそ)かに眄(こべん)を恃み、強梁の心をす。

字通「」の項目を見る

望】きぼう(ばう)

うかがいのぞむ。〔三国志、陸伝〕方今、雄棊(きじ)し、豺狼す。(か)ち亂を(やす)んずるは、に非ざれば濟(な)らず。

字通「」の項目を見る

望】きぼう(ばう)

すぐれた声望。〔明史、呉山等伝賛〕山等、に雍容し、臺省を(やうれき)す。固(もと)より謂(いはゆる)鴻儒にして、堂のなり。

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android