コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さび(寂) さび

1件 の用語解説(さび(寂)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さび【さび(寂)】

ある物の本質が,閑寂枯淡な味わいとなって,物の表面ににじみ出るときの美的興趣をいう。物の本質を究めることを至上の課題とした中世の仏教的認識論を母胎として,俗悪華美な世俗の価値観や美的嗜好に対する批判の形で生まれてきた。中世の歌論・連歌論などでは,〈ひえ〉〈やせ〉〈からび〉などと並んで,美の究極的境地として高く評価され,利休たちの〈侘数寄(わびずき)〉の茶のほか,以後の日本人の生活態度全般,ことにその美的嗜好に大きな影響を与えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のさび(寂)の言及

【猿蓑】より

…これを巻頭に出すために,発句編は冬・夏・秋・春という異例の四季部立をとる。去来が〈猿蓑は新風の始,時雨は此集の美目〉と自賛するように,巻頭から続く〈しぐれ〉の13句が蕉風美の“さび”を印象づけている。全382句。…

【蕉風俳諧】より

…発句においても取り合わせたイメージの交流する効果を〈行きて帰る心の味〉と称した。なかでも,イメージの交流が単なる映発でなく,互いに否定的契機として働くとき,陰影を帯びた複雑微妙な色合いを生むのを〈さび〉と称した。元禄俳壇には,安易な描写型表現として叙景句が流行したが,蕉風俳諧の理念は景情融合にあった。…

※「さび(寂)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

さび(寂)の関連キーワード雅趣雅致雅味詩味セミヨン無文野趣いとう鶴金宝芙蓉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone