コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃんがら ジャンガラ

5件 の用語解説(じゃんがらの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゃんがら

長崎県平戸島行われる民俗芸能。笛・鉦(かね)・太鼓の囃子(はやし)による、盆の豊年踊り

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

じゃんがら

鉦(かね)や太鼓の音にちなむ民俗舞踊の名称。8月18日の長崎県平戸市の〈じゃんがら〉は,幟(のぼり),笛,鉦,太鼓の順に市内を練り歩き,各所の踊り場で豊年祈願の踊りを踊る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

じゃんがら

福島県いわき市、みよしが製造・販売する銘菓。水を使わずに焼き上げた皮で小倉餡をはさんだもの。郷土芸能じゃんがら念仏踊り」に由来し、太鼓をかたどっている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゃんがら

民俗芸能で念仏踊(踊念仏)の一種。福島県いわき地方で行われる盆の供養念仏踊と,長崎県平戸地方の盆の祖霊供養と五穀豊穣(ほうじよう)祈願を兼ねて踊るものとがある。じゃんがらとは(かね)の音から出た名称と思われるが,〈治安和楽〉〈自安我楽〉の当て字もある。いわき地方では元禄(1688‐1704)ごろ同地出身で芝増上寺大僧正となった祐天上人が唱導したと伝える。腰鼓の2~3人を中央に,鉦切り10人ほどがそのまわりに円陣をつくって激しく踊るもので,若衆念仏とか立ち念仏の称もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゃんがら

長崎県平戸島で盆に行われる芸能。花笠をつけた青年たちが、腰の太鼓を打ち鉦かね・笛で囃はやして家々を回る。豊年を祈る踊りという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃんがらの関連キーワードじゃんがら念仏題目踊念仏踊六斎念仏踊り念仏双盤葛西踊鉢叩空也念仏踊風流踊念仏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

じゃんがらの関連情報