じゃんがら(読み)ジャンガラ

百科事典マイペディアの解説

じゃんがら

鉦(かね)や太鼓の音にちなむ民俗舞踊の名称。8月18日の長崎県平戸市の〈じゃんがら〉は,幟(のぼり),笛,鉦,太鼓の順に市内を練り歩き,各所の踊り場豊年祈願の踊りを踊る。8月14〜16日のいわき市平地方の〈じゃんがら念仏〉は,江戸初期祐天上人がひろめたという念仏踊で,若者たちが新盆の家を回り鉦,太鼓に合わせて踊る。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゃんがら

民俗芸能で念仏踊(踊念仏)の一種。福島県いわき地方で行われる盆の供養念仏踊と,長崎県平戸地方の盆の祖霊供養と五穀豊穣(ほうじよう)祈願を兼ねて踊るものとがある。じゃんがらとは(かね)の音から出た名称と思われるが,〈治安和楽〉〈自安我楽〉の当て字もある。いわき地方では元禄(1688‐1704)ごろ同地出身で芝増上寺の大僧正となった祐天上人が唱導したと伝える。腰鼓の2~3人を中央に,鉦切り10人ほどがそのまわりに円陣をつくって激しく踊るもので,若衆念仏とか立ち念仏の称もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゃんがら

長崎県平戸島で盆に行われる芸能。花笠をつけた青年たちが、腰の太鼓を打ち鉦かね・笛で囃はやして家々を回る。豊年を祈る踊りという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android