すっとこどっこい

精選版 日本国語大辞典「すっとこどっこい」の解説

すっとこ‐どっこい

〘感動〙
馬鹿囃子(ばやし)の囃子詞。
※あたらよ(1899)〈内田魯庵〉「『すっとこ、すっとこ、すっとこ、どっこい』と〈〉矢庭に躍出した」
② 相手をののしる時にいう語。馬鹿野郎。「馬鹿なやつ」ほどの意で、名詞的にも用いる。
※随筆寄席第二集(1954)〈辰野・林・徳川〉三「露伴先生はおこると『このスットコドッコイ、オタンチン…』というような言葉が〈略〉出たそうですね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「すっとこどっこい」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android