コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せき(堰) せきweir

翻訳|weir

1件 の用語解説(せき(堰)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せき【せき(堰) weir】

河川などの開水路を横断して設けられ,流水をせき上げて,その上を越流させる工作物の総称。したがって,せきとダムには明確な区分はない。しかし,高さが15m以上のものや,土砂を堆積させる目的のもの(砂防ダム)はダムと称し,それ以外のものを一般にせきと呼んでいる。せきの目的には,用水の取水,舟運のための水位・水深の確保,河川の分派点における流量調節,河口部における塩水遡上(そじよう)の防止・高潮防御などがあり,その目的に応じて取水ぜき分水ぜき,潮止めぜき,防潮ぜきなどに区分される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のせき(堰)の言及

【灌漑】より

… 江戸期の灌漑事情は,当時〈地方巧者(じかたこうしや)〉と呼ばれていた農村支配の実務巧者たちの,数多くの著書の中にも詳細に説かれており,村庄屋の最重要の任務は灌漑,水利のこととせられているほどである。全国的見地から見れば,河川をせき止めて,その上流部の水位をたかめ,河岸の一方(両岸にもつ例は少ない)の取入口を開閉し水量を調節して,下流の水田に引水する用水ぜきがもっとも多い。次いで讃岐,大和,河内,和泉をはじめ水田開発の歴史が古く,かつ日本では寡雨地域に属する諸地域では,著しく濃密に分布する溜池の地位が高い。…

【番水】より

…中世以後,同一水源・水系のもとで,灌漑用水の不公平な配分からくる収穫の豊凶を避け,また干ばつによる被害を最小限にくい止めるために行われた水の配分制度。水量を調節するため(1)現作している水田面積に応じて一定の時間を定めて決められた順序に従って配水する,(2)分水点に設けられた流水量測定の器具・道具(分木(ぶんぎ),分水石など)を使用する,(3)水路の幅,深さを定めて流水量を測る,(4)河川に(せき)を設ける場合に完全に流水を遮断せず,定められた間隙を開け,定められた深さの水流を保ちつつ一定量の水を下流に放流する,などの諸方法と,用水池の樋(ひ)を抜き放水する発議権や決定権をどの地域のどのような住民が行うかなどが番水の具体的内容であり,それらがいくつか併用されて一つの番水が運営されている。中世前期までは不文律のまま運用されていたが,中世後期になると番水規定の文章化も行われるようになった。…

※「せき(堰)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone