コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちり紙(塵紙) ちりがみ

1件 の用語解説(ちり紙(塵紙)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちりがみ【ちり紙(塵紙)】

手すき和紙において〈ちり〉という場合,ごみや汚物などの意味ではなく,コウゾなどの樹皮の黒皮や繊維の太い結束などをさす。たとえば,製紙工程でちり取り(除塵(じよじん))作業とよばれるものは,黒皮や結束を取り除く作業をさす。したがって本来のちり紙は,上等な白い紙をすくために取り除いたコウゾ皮の甘皮部分や表皮,黒皮などですいたものをいい,十分に砕けきれずに残ったコウゾ皮のかすや黒皮が紙面に現れている。また毎日の紙すき作業の終りの紙料液には,すく際に除いたちりが多量に含まれており,この残液ですいた紙もちり紙となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ちり紙(塵紙)の関連キーワード障子紙局紙抄紙奈良紙細川紙元結紙一貫性の原則遠藤忠雄和紙濾過原酒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone