つくば(市)(読み)つくば

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

つくば(市)
つくば

茨城県南西部にある市。市域内に筑波研究学園都市がある。1963年(昭和38)学園都市の建設が閣議で了解され、以後、建設工事が進められ、1980年までに筑波大学(旧、東京教育大学)など予定されていた国の試験・研究機関のほとんどが移転した。これに伴い、1987年筑波郡の大穂(おおほ)、豊里(とよさと)、谷田部(やたべ)の3町と、新治(にいはり)郡の桜村が合併して市制施行し、つくば市が誕生した。さらに、1988年筑波郡筑波町、2002年(平成14)稲敷(いなしき)郡茎崎町(くきざきまち)を編入。2007年特例市に指定される。筑波山地と筑波台地および桜川と谷田部川の沿岸低地よりなり、北部は水郷筑波国定公園域に含まれる。国道6号(牛久土浦バイパス)、125号、354号、408号が通じ、常磐(じょうばん)自動車道の谷田部、桜土浦(一部は土浦市)インターチェンジと、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のつくば中央、つくば牛久のインターチェンジがあり、両自動車道はつくばジャンクションで交差・接続している。2005年8月つくばエクスプレスが開通し、東京の秋葉原(あきはばら)との間が最速45分で結ばれた。中心地区からのJR常磐線最寄り駅は土浦市域の荒川沖(あらかわおき)駅で、つくばセンターとの間にバスの便がある。東京駅から常磐自動車道経由の高速バスも出ている。
 筑波研究学園都市は、中心部に整備された人工的な都市空間の研究学園地区と、それ以外の周辺開発地区からなる。研究学園地区の大部分は旧桜村西半部にあたり、この部分の地域変貌が著しい。南西部の旧谷田部町域は筑波郡の行政中心地であったところで、現在もつくば市役所が置かれている。1985年に国際科学技術博覧会(通称科学万博、EXPO'85)の開催地となったが、その跡地は、科学万博記念公園や筑波西部工業団地となり、コンピュータ、通信機器、医療品、食品などの民間企業の研究施設が立地している。西部の旧豊里町域にはつくばテクノパーク豊里があり、食品、洗剤、プラスチックなどの企業が進出しているが、野菜やゴルフ場用の芝の栽培なども盛ん。その北に続く旧大穂町域には筑波北部工業団地やつくばテクノパーク大穂があり、電子材料、放射光、集積回路、紙・パルプ、印刷など、先端技術産業の研究施設が多い。豊里とともに農業も行われ、座敷箒(ざしきぼうき)の生産がある。最北部の旧筑波町域は筑波山の南西山麓(さんろく)にあたり、筑波山神社の参道に通じる商業地区の北条(ほうじょう)を中心とする。
 国指定文化財には、栗原(旧、桜村域)の大塚家住宅、筑波山神社の太刀(銘吉宗(めいよしむね)・附絲巻太刀拵(ふいとまきたちごしらえ))、小田(旧、筑波町域)の小田城跡、平沢(旧、筑波町域)の平沢官衙(かんが)遺跡があり、前二者は重要文化財、後二者は史跡。文化施設には、ホテルや音楽ホール(ノバホール)などの複合施設つくばセンタービル、市立図書館と県立美術館を主とする複合施設つくば文化会館アルス、プラネタリウムや最新映像システムを備えたつくばエキスポセンター、国立科学博物館の筑波実験植物園など多数ある。面積283.72平方キロメートル、人口22万6963(2015)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

つくば(市)の関連情報