コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滔滔 トウトウ

デジタル大辞泉の解説

とう‐とう〔タウタウ〕【××滔】

[ト・タル][文][形動タリ]
水がとどまることなく流れるさま。「滔滔と流れる大河」
次から次へとよどみなく話すさま。「滔滔と述べる」
物事が一つの方向へよどみなく流れ向かうさま。
「其勢力―として」〈魯庵社会百面相

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうとう【滔滔】

( トタル ) [文] 形動タリ 
水が勢いよく、また豊かに流れるさま。 「 -と流れる大河」
よどみなく話すさま。弁舌さわやかなさま。 「 -とまくし立てる」 「 -と雄弁を揮ふるつて/片恋 四迷
物事がある方向によどみなく流れゆくさま。 「 -たる時代の流れ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

滔滔の関連キーワード宣仁太后トタル流れ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android