なべ料理(鍋料理)(読み)なべりょうり

世界大百科事典 第2版の解説

なべりょうり【なべ料理(鍋料理)】

火鉢,七輪こんろなどの熱源に,材料を入れたなべをかけ,煮ながら食べる料理。〈なべ物〉あるいは単に〈なべ〉ともいい,小なべを用いる意味の〈小なべ立(こなべだて)〉もほぼ同義である。実質的にはかなり古くから行われていたと考えられるが,文献上では江戸後期の天明(1781‐89)ごろから見られるようになる。あるいは,そのころになってようやく土製鉄製の浅い小なべが普及したのかもしれない。湯豆腐ドジョウなべなどは早くからあったもののようだが,小なべ立の普及で愛好者層を拡大したらしいのは獣肉料理であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のなべ料理(鍋料理)の言及

【なべ(鍋)】より

…《延喜式》には大和,河内から鉄なべの貢進されていたことが見えるが,江戸時代にもこの2国のなべは播磨の野里(のざと)なべなどとともに全国的に著名であった。江戸後期の安永(1772‐81)ころから鉄製の浅い小なべが出回るようになったと大田南畝は《一話一言》に書いているが,それと符節を合するごとく,天明(1781‐89)以後なべ料理が盛んになっている。江戸時代にはほかに銅なべが使われ,また製菓用のカステラなべも用いられていた。…

※「なべ料理(鍋料理)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android