コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜飯 かまめし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釜飯
かまめし

小さなにえび,かに貝柱,はまぐり,鳥肉,まつたけなど季節のものを米とともに入れ,醤油で調味して炊いたもの。釜に入れたまま食膳に供する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かま‐めし【釜飯】

一人前用の小釜で、・貝・鶏肉野菜などのを取り合わせて酒・醤油などで味付けして炊いた。釜のまま供する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

釜飯【かまめし】

小釜で一人前ずつたき込んだ味付飯。魚介,鶏肉,キノコ,たけのこなどをたき込み,釜のまま供する。各地に釜飯屋があるほか,信越本線横川駅の駅弁〈峠の釜飯〉も有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

かまめし【釜飯】

小さな釜で1人前ずつ炊く炊き込みご飯。えび・かになどの魚介類や鶏肉・野菜などを具にし、小釜のまま供して食卓で茶碗によそって食べる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かまめし【釜飯】

一人前用の小さな釜で炊いた炊込飯。エビ,カニ,カキ,貝柱,鶏肉,キノコ,たけのこなどを具とし,しょうゆ,酒などを加えて茶飯の味に炊き上げる。貝類やマツタケのように,ながく加熱するとかたくなったり,香りを失ったりする材料は,炊き上がる直前に具を入れ,ふたをしてよく蒸らすとよい。駅弁の釜飯は信越本線横川駅のものが知られ,町の釜飯屋は昭和10年代に出現したと思われる。【松本 仲子

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かまめし【釜飯】

魚介・鳥肉・野菜・キノコなどを米とともに小釜に入れ、酒や醬油などで味つけして炊きこんだ飯。小釜のまま供する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釜飯
かまめし

本来は、釜で炊いた飯を飯櫃(めしびつ)などに移さず、直接釜から取り出して食べるのをいうが、小さい釜型容器に盛り込んだ駅弁などを釜飯と称するように、釜飯の語意は二義ある。一般に釜で飯を炊くようになったのは明治以降で、共同生活の食事や給食などは大釜で飯を炊いた。そこで、同じ釜の飯を食べた仲間はお互いに親近感がある意が転じて、同じ職場で働いた者の意にも用いる。関東大震災(1923)直後の焼け跡で、ありあわせの釜で炊いた飯を、釜からじかに、または器に移して食べた人が多かった。これにヒントを得て、まもなく1人前用の小さい釜を用意して種々の変わった具を入れて炊くのを釜飯と称するようになった。それを専門または売り物にする業者ができ、その後、釜飯を一度に数多く炊く専用の炊事器もできている。また、陶器の釜型容器に種々の炊き込みご飯を詰めての市販品は、全国各地でみられる。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

釜飯の関連キーワードライドオン・エクスプレス多田鉄之助藤川ひな釜飯の日鍋料理

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釜飯の関連情報