しゃぶしゃぶ

日本大百科全書(ニッポニカ)「しゃぶしゃぶ」の解説

しゃぶしゃぶ

(なべ)料理の一つ。深い鍋に水を張り、火にかけて、その中に薄切りの牛肉または豚肉を入れ、さっと火を通して、たれをつけて食べる。これはちり、魚(うお)すきと同じ形態で、すすぎという名称もある。しゃぶしゃぶは中国料理の涮肉(シヤンロウ)から転じたもので、肉をすすぎ洗うである。しゃぶしゃぶは淡泊な味が喜ばれるが、質のよい肉を使わないとおいしい味が出ない。たれは、しょうゆ1カップに酢4分の1カップ、レモン1個分の絞りを加えてつくる。ごまだれは、すりごま70グラム、だし汁5カップ、辣油(ラーユー)少々の割合である。

多田鉄之助

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「しゃぶしゃぶ」の解説

しゃぶ‐しゃぶ

薄切りにした肉を、鍋の熱湯にさっとくぐらせて、たれをつけて食べる料理。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「しゃぶしゃぶ」の解説

しゃぶ‐しゃぶ

[1] 〘副〙 軽く水をかきまわしたり、すすいだりするときの音や様子を表わす語。
※針女(1971)〈有吉佐和子〉一六「これは化学繊維だからシャブシャブ洗濯がきくのよ」
[2] 〘名〙 鍋料理の一つ。薄切りにした肉を、熱湯の中で色が変わるぐらいにさっと煮て、たれ汁につけて食べる料理。中国料理の涮羊肉(シュワンヤンロウ)などから出た料理といわれ、肉を煮る際にしゃぶしゃぶと泳がすところからこの名がある。
※初稿・エロ事師たち(1963)〈野坂昭如〉一「末広のしゃぶしゃぶ拾いながら重役がいう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「しゃぶしゃぶ」の解説

しゃぶしゃぶ

鍋料理の一種卓上の鍋で昆布のだし汁を煮立たせ、その中で牛の薄切り肉などをさっと煮て、ポン酢しょうゆやごまだれをつけて食べるもの。肉のほか、白菜などの野菜豆腐、くずきりなどを用いる。また、熱効率をよくするため中央煙突のように円筒が突き出た、独特の形の金属製の鍋を用いる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

百科事典マイペディア「しゃぶしゃぶ」の解説

しゃぶしゃぶ

なべ料理の一種。ごく薄く切った牛肉を熱いスープ中で振り動かし手早く引き上げ,酢・醤油・ゴマみそ好みのつけ汁で食べる。豆腐・ハクサイ・ネギ等を添え,また豚肉・魚介等も使用される。中国のショワヤンロウからとり入れられたといわれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「しゃぶしゃぶ」の解説

しゃぶしゃぶ

中国名は涮羊肉(シユワンヤンロウ)。〈涮〉にはすすぐ,ざっと洗うの意があり,肉を沸騰したスープの中にさっと通し,好みの調味料で食べる料理。ペキンダックとともに北京の代表的な料理で,中央に炭火を入れる煙筒のある独特のなべ〈火鍋子(フオクオズ)〉に,シイタケや干しエビからとったスープを煮たたせ,うすく切った羯羊(かつよう)(去勢した雄ヒツジ)の霜降肉赤身の肉を入れる。肉のあとは春雨,めん,ギョーザ,野菜などを煮て食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android