ぷいと(読み)プイト

大辞林 第三版の解説

ぷいと

( 副 )
機嫌を悪くして、急にぶあいそうな態度をとるさま。また、急にいなくなるさま。 「 -横を向く」 「 -席を立つ」 「失恋を歌ふやうになつてからは-何所へか隠れて了つた/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぷい‐と

〘副〙
① 行為、動作が突然で素早いさまを表わす語。急に。
※雑俳・卯の花かつら(1711)「門口へ戻ると被ぷいととる」
② 特に、不機嫌に急に顔をそむけたり、急に立ち去ったりするさまを表わす語。
※其面影(1906)〈二葉亭四迷〉六「何だ馬鹿々々しいと言はぬばかりに、プイと又此方を向いて了ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android