つんつん(読み)ツンツン

デジタル大辞泉の解説

つん‐つん

[副](スル)
無愛想にとりすましているさま。「つんつんしていてろくに返事もしない」
においが強く鼻を刺激するさま。「消毒液のにおいがつんつんする」
先端が勢いよく伸びているさま。また、とがったものがいくつも突き出ているさま。「つんつん(と)伸びる茎」「髪の毛をつんつん(と)立てた若者」
何度も軽く突いたり、軽く引っ張ったりするさま。「魚がつんつん(と)をつつく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つんつん

( 副 ) スル
とりすましていて愛敬のないさま。また、機嫌が悪くて無愛想なさま。つんけん。 「今日はいやに-(と)している」
においが鼻を鋭く刺激するさま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つん‐つん

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 勢いよくはねあがるさまを表わす語。
※今物語(1239頃)「いとどおそろしくて、つんつんとかみへをどりたるが、其後はもとの心になりて」
② とりすまして、あいそのないさま、不機嫌でぶあいそうなさまを表わす語。つんけん。つんと。
※滑稽本・狂言田舎操(1811)下「又つんつんしるか、かほよ御前どの」
③ とりすまして勢いよく行動するさまを表わす語。
※人情本・英対暖語(1838)初「娘も所為(わざ)とすねて遠くへはなれ、つんつんと歩行(あるく)
④ 強烈な物の匂いが、つきさすように鼻を刺激するさまを表わす語。つんと。
※土(1910)〈長塚節〉一四「粉鼻(こなはな)の方さへえって、鼻つんつんして仕やうありゃしねえや」
⑤ 三味線をつまびく音を表わす語。
※いろは交友録(1953)〈徳川夢声〉と「もっぱら三味線だけをペンペン、ツンツン弾いて」
⑥ とがったものがいくつも突き出ているさまを表わす語。
※地を潤すもの(1976)〈曾野綾子〉五「角をつんつんつき出したような屋根」
[2] 〘形動〙 とりすましていてぶあいそうなさま。
浄瑠璃・いろは蔵三組盃(1773)八「仮にもお客につんつんな床あしらひは嗜み事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つんつんの関連情報