つんつん(読み)ツンツン

デジタル大辞泉の解説

つん‐つん

[副](スル)
無愛想にとりすましているさま。「つんつんしていてろくに返事もしない」
においが強く鼻を刺激するさま。「消毒液のにおいがつんつんする」
先端が勢いよく伸びているさま。また、とがったものがいくつも突き出ているさま。「つんつん(と)伸びる茎」「髪の毛をつんつん(と)立てた若者」
何度も軽く突いたり、軽く引っ張ったりするさま。「魚がつんつん(と)をつつく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つんつん

( 副 ) スル
とりすましていて愛敬のないさま。また、機嫌が悪くて無愛想なさま。つんけん。 「今日はいやに-(と)している」
においが鼻を鋭く刺激するさま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つんつんの関連情報