刺刺しい(読み)トゲトゲシイ

デジタル大辞泉の解説

とげとげ‐し・い【刺しい】

[形][文]とげとげ・し[シク]
とげ立っている。みるからにとげのようである。
「―・く尖(とが)った梢を張って居る」〈寒村・冬〉
態度や言葉づかいにとげがある。つっけんどんである。「―・い口調で答える」「―・い雰囲気」
[派生]とげとげしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とげとげしい【刺刺しい】

( 形 ) [文] シク とげとげ・し
ものの言い方や表情などがいかにも意地悪できつい。かどだっている。 「 - ・い顔つきで子供をしかる」 「 - ・い皮肉を浴びせる」
とげ立っている。とげが多い。 「 - ・い木を差込んだ花瓶なぞを/うづまき
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android