けんもほろろ(読み)ケンモホロロ

デジタル大辞泉の解説

けん‐も‐ほろろ

[形動][文][ナリ]《「けん」「ほろろ」はともに雉(きじ)の鳴き声。あるいは「ほろ」は「母衣打(ほろう)ち」からか。また、「けん」は「けんどん(慳貪)」「けんつく(剣突)」の「けん」と掛ける》人の頼み事や相談事などを無愛想に拒絶するさま。取りつくしまもないさま。「けんもほろろな答え」「けんもほろろに断られる」→母衣打ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんもほろろ

( 形動 )
〔「けん」 「ほろろ」は雉きじの鳴き声。「けんつく」「けんどん(慳貪)」などの「けん」にかけたものという〕
頼みや相談などを、冷淡に断るさま。とりつくしまもないさま。 「 -な応対」 「 -に断る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐も‐ほろろ

〘形動〙 (「けん」も「ほろろ」もきじの声。また、「ほろろ」はキジの羽音とも。「けん」は「けんつく」「けんどん」などの「けん」と掛けたもの。→ほろろ) 無愛想に人の頼みや相談事を拒絶して、取りつくしまもないさま。つっけんどんなさま。冷然としたさま。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「スコシモ ショウインセイデ、qenmo(ケンモ) fororoni(ホロロニ) イイハナイテ」
※人情本・三日月於専(1824)二回「けんもほろろな挨拶だったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

けんもほろろの関連情報