コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けんもほろろ ケンモホロロ

デジタル大辞泉の解説

けん‐も‐ほろろ

[形動][文][ナリ]《「けん」「ほろろ」はともに雉(きじ)の鳴き声。あるいは「ほろ」は「母衣打(ほろう)ち」からか。また、「けん」は「けんどん(慳貪)」「けんつく(剣突)」の「けん」と掛ける》人の頼み事や相談事などを無愛想に拒絶するさま。取りつくしまもないさま。「けんもほろろな答え」「けんもほろろに断られる」→母衣打ち

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんもほろろ

( 形動 )
〔「けん」 「ほろろ」は雉きじの鳴き声。「けんつく」「けんどん(慳貪)」などの「けん」にかけたものという〕
頼みや相談などを、冷淡に断るさま。とりつくしまもないさま。 「 -な応対」 「 -に断る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

けんもほろろの関連キーワード塵も灰もつかぬように言う取り付く島がない母衣打母衣挨拶応対

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

けんもほろろの関連情報