コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べったら漬(け) ベッタラヅケ

2件 の用語解説(べったら漬(け)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べったら‐づけ【べったら漬(け)】

大根を薄塩で漬け、さらに麹(こうじ)・砂糖を加えて漬けた漬物。浅漬け。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

べったら漬【べったらづけ】

宮重(みやしげ)ダイコンを麹(こうじ)で漬けた東京風の浅漬。ダイコンの皮を厚くむき,白く仕上げるため焼ミョウバン水につけて下漬し,麹,砂糖等を加えて本漬する。淡泊な味が賞味され,べったら市で売られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のべったら漬(け)の言及

【漬物】より

…前記の鞍馬の木芽漬,醍醐の烏頭布漬は《庭訓往来》に見られるのだが,そこには諸国の名産が列挙され,それらが市で盛んに取引されるとしているからである。漬物市では,江戸大伝馬町で夷講(えびすこう)前夜の10月19日,祭具などとともにダイコンの浅漬(べったら漬)を売ったのが有名で,後には漬物が中心となり,べったら市と呼ばれるようになった。 ところで,江戸時代には〈藪(やぶ)に香の物〉ということわざが広く行われていた。…

【べったら市】より

…翌20日の夷講(えびすこう)の用品を売る市で,神棚,三方(さんぼう)などのほか,近くの魚河岸から売れ残りの干魚などを持ち込んで売ったもので,〈腐市(くされいち)〉と呼ばれていた。《守貞漫稿》にはそれらのほかに,ダイコンの浅漬(あさづけ)を売るようになったことが記されており,この浅漬を〈べったら漬〉と呼んで市民が愛好したため,〈べったら市〉の名が起こった。〈べったら漬〉は生干しのダイコンをこうじ漬にしたもので,こうじがべたつくところからの俗称である。…

※「べったら漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

べったら漬(け)の関連キーワード切干し尾張大根大根草宮重大根紅心大根沢庵漬綾繁宗宮重行宮重忍斎