コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べったら漬(け) ベッタラヅケ

百科事典マイペディアの解説

べったら漬【べったらづけ】

宮重(みやしげ)ダイコンを麹(こうじ)で漬けた東京風の浅漬。ダイコンの皮を厚くむき,白く仕上げるため焼ミョウバン水につけて下漬し,麹,砂糖等を加えて本漬する。淡泊な味が賞味され,べったら市で売られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

べったら漬[加工食品]
べったらづけ

関東地方、東京都の地域ブランド。
塩漬けにした大根を塩抜きして陰干しし、米麹・砂糖・みりんを合わせた床に漬け込んだもの。沢庵漬は本来干した大根を塩を加えた糠で漬け込むが、大正時代後半から昭和の初期には出荷量が増加。あわせ干す代わりに塩で水分を抜いて漬け込む方法がとられるようになってから、東京沢庵と呼ばれるようになった。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内のべったら漬(け)の言及

【漬物】より

…前記の鞍馬の木芽漬,醍醐の烏頭布漬は《庭訓往来》に見られるのだが,そこには諸国の名産が列挙され,それらが市で盛んに取引されるとしているからである。漬物市では,江戸大伝馬町で夷講(えびすこう)前夜の10月19日,祭具などとともにダイコンの浅漬(べったら漬)を売ったのが有名で,後には漬物が中心となり,べったら市と呼ばれるようになった。 ところで,江戸時代には〈藪(やぶ)に香の物〉ということわざが広く行われていた。…

【べったら市】より

…翌20日の夷講(えびすこう)の用品を売る市で,神棚,三方(さんぼう)などのほか,近くの魚河岸から売れ残りの干魚などを持ち込んで売ったもので,〈腐市(くされいち)〉と呼ばれていた。《守貞漫稿》にはそれらのほかに,ダイコンの浅漬(あさづけ)を売るようになったことが記されており,この浅漬を〈べったら漬〉と呼んで市民が愛好したため,〈べったら市〉の名が起こった。〈べったら漬〉は生干しのダイコンをこうじ漬にしたもので,こうじがべたつくところからの俗称である。…

※「べったら漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

べったら漬(け)の関連キーワード浅漬け・浅漬べったら弘岡かぶ厚生産業関東地方塩漬け麹漬け麹漬

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android