コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べったら漬(け) ベッタラヅケ

2件 の用語解説(べったら漬(け)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べったら‐づけ【べったら漬(け)】

大根を薄塩で漬け、さらに麹(こうじ)・砂糖を加えて漬けた漬物。浅漬け。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

べったら漬【べったらづけ】

宮重(みやしげ)ダイコンを麹(こうじ)で漬けた東京風の浅漬。ダイコンの皮を厚くむき,白く仕上げるため焼ミョウバン水につけて下漬し,麹,砂糖等を加えて本漬する。淡泊な味が賞味され,べったら市で売られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のべったら漬(け)の言及

【漬物】より

…前記の鞍馬の木芽漬,醍醐の烏頭布漬は《庭訓往来》に見られるのだが,そこには諸国の名産が列挙され,それらが市で盛んに取引されるとしているからである。漬物市では,江戸大伝馬町で夷講(えびすこう)前夜の10月19日,祭具などとともにダイコンの浅漬(べったら漬)を売ったのが有名で,後には漬物が中心となり,べったら市と呼ばれるようになった。 ところで,江戸時代には〈藪(やぶ)に香の物〉ということわざが広く行われていた。…

【べったら市】より

…翌20日の夷講(えびすこう)の用品を売る市で,神棚,三方(さんぼう)などのほか,近くの魚河岸から売れ残りの干魚などを持ち込んで売ったもので,〈腐市(くされいち)〉と呼ばれていた。《守貞漫稿》にはそれらのほかに,ダイコンの浅漬(あさづけ)を売るようになったことが記されており,この浅漬を〈べったら漬〉と呼んで市民が愛好したため,〈べったら市〉の名が起こった。〈べったら漬〉は生干しのダイコンをこうじ漬にしたもので,こうじがべたつくところからの俗称である。…

※「べったら漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone